水彩画の魅力

今日はぽかぽかと暖かい一日でした。
午前中はお仕事。
午後からはお知り合いの方の水彩画を観に行きました。

イギリスを訪ねて
第5回 藤井栄一 水彩画展

http://www005.upp.so-net.ne.jp/chouya/yotei.htm
南京町の広場のすぐ近くの南京町ギャラリー「蝶屋」さんです。

旅に出て、その場でスケッチして水彩で彩られた藤井さんの作品は
イギリスののどかな風景で、緑があふれてステキでした。
私は絵を描くのは苦手なのですが、
絵の中の世界に飛び込んでいく感じで想像しながら絵を観ています。
森や山が好きで、イギリスも(行ったことはないのですが)なぜか
大好きなので、いつかは旅してみたい。
出来ればステイしてのんびり暮らしてみたい。
・・・そんな風景画でした。

藤井さんも、芸術家らしくとてもダンディな方でした。
定年後に絵筆をとられたとのことですが、
豊かな人生経験もまた、絵に反映されていらっしゃるのですね。
アトリエで絵筆を握られる姿もまた、想像してしまうのでした。

16日(火)までされています。
よろしければぜひ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次の記事

むかしの話