むかしの話

育った環境のせいか、昔から選挙が好きでした。

中学校のとき、生徒会役員になりたかった私。
恩師の先生から

「本番(中2)のために、中学1年から選挙に立候補して、名前を売っておくように」

と、今思うとすごい選挙参謀のようなご指示をいただいて
「保健部長」に立候補した。
これがワタクシ13歳初の選挙。

朝のごあいさつ(校門前でたすきをかけて)して、
お昼の放送で決意表明演説をして、
教室周りをして、がんばった。
予想通り、先輩候補者が見事勝利をおさめ、私は次点。

そして1年後、生徒会副会長に当選したのでした。

中1のときの恩師は、入学したての私を「おばさんに似ているから」という
まことしやかなことを言いながら、クラスの副委員長に推薦してくださった。
私はその頃から、なにかの代表としてみんなのために仕事をするというのが
好きだった。

その恩師も、恩返しできないまま天国へ行かれた。

今お会いできたら、

「先生のおかげで今の私があります。
           ありがとうございます。」

と伝えたい。

でも・・・

きっと、ずっと見守ってくださっていることでしょう!

恩師ってそんなもの、教え子にとってはとても大切な存在

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


前の記事

水彩画の魅力

次の記事

冬がはじまるよ