すばらしき哉ファシリテーション

今日は、日曜日ですが、ファシリテーターによるジコタン(自己の探求)プログラムが
行われた。

私は一見学者として参加したが、

全員のコンセンサス(同意)を得る課題のところ、
終了後の振り返りの場面で、本音が出された。

ある方が、課題の中で、ずっと黙っていた。
それに気づいてか気づかないでか、

他のメンバーは、コンセンサスが得られているものとして
進行していった。

 そんなん、コンセンサスの課題の中であってはならないことじゃん!!!!

でも・・・

 みんなは気づかない。

 他の人の意見を促せたかどうか・・・というところで、低い点数が出た。

ひとこと、

 「○○さんは、どう思われますか?」

の心配りがなかった。

 これは、自分の意見を言わなかった人のせいではなく、

 ましてや、場を見守っていたファシリテーターのせいでもなく

メンバーを、一人の“人”としてみていた意識があったかどうかが問われるもの

であった。

 あとから、「私の意見など無視されて進行していたので、黙っていた」

といわれた方は、はたして、長い50分の間、どんな想いでその場にいらっしゃったのだろうか?

その気持ちに想いを馳せれるかどうか。

私たちは、日常、黙っている人、意見を言わない人を、

 時間の制約があるから・・・とか

 黙っているのが意思表示なのだから・・・とか

自分に都合のいいように解釈して

ほったらかしにしていないだろうか

    ふりかえってよ~く、よく考えてみたい

 また、人の意見や、感情などおかまいなしに

突っ走って、自分の感情を満たすだけで良しとしていないかどうかも

確認してみたい。

 今日は、そんなとても大事なことを教えていただいた。

「あなたは、澄んだ目をしていらっしゃるわね!」

と言ってくださった、その気持ちをありがたく受け止めて
澄んだ心で人に接していきたい。

どんな人にもその存在する意味があることをかみしめて
毎日を過ごして、人と接していきたいと想う。

 今日は、多くのことを学べた善き一日でした。

日曜日なのに仕事に行かせてくれて
だんな様にも、子どものにも感謝です!!!

  ありがとう!!!   めぐりんこは、また大きくなってはばたくよ!  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


前の記事

旅立ちの時

次の記事

言葉の重さ