受験に向けて

わが子が、ほとんど勉強をしなくなった。
中ダルミというか、まったくすれすれ状態で低空飛行している。

学校の宿題をやっとこなす ← すれすれ
勉強したらゲームをするという ← 親との取引き

こんな現状を見直すべく、思い切って相談会に参加した。

まず、お世話になっているがあまり手厚くは見ていただいていない
大手塾の担当者へ。
そんなに一方的に話さないで・・・

「それは男の子によくありがちですね。」

「テストまちがい直しをして、完璧にしたものを、次のテストの1週間前にさせてください。」

それって親の手がかかりすぎ・・・

ああ、つらいです。
とりあえず、勉強の計画をたてることからやってみます。

親の言う通りにはいかない。
これも子どもの成長か!?

そして、志望校、憧れ校、安全校の3校の担当先生からお話を伺った。

初めは、何を聞こうか?と思っていましたが
やはり先生方、各校のアピールをしっかりなさって、
ぜひ専願で!!というところ。
でも私的には、リーダーを養成、他者のために生きる人を育てる
というポリシーの学校に惹かれました。

私は公立中学校で、生徒会に立候補したりして自分なりに自分を成長させていたのか?女子校だったら、のんびりあぐらをかいて伸びなかったかもしれない。

うーーーん、息子よ。
がんばってくれ!
どんな生き方をしようとも、学ぶことは大事だよ。

 では、、、母は苦悩し続けます。      めぐりんこ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

前の記事

秋を感じて

次の記事

秋風さわやか