術後の危険!!

昨日は、必死に仕事をこなしており、昼過ぎにだんな様からもらったメールも
見たのが晩の7時ごろでした。

 メールを見てびっくり!

その前の晩(術後5日目の深夜)に呼吸が苦しくなってきて、
ナースコールをした。
初めは様子をみる感じでしたが、ますます呼吸が苦しくなり
再度ナースコール。

お医者さんもかけつけ、呼吸困難から肺が潰れそうになったとのこと
緊急に病室で右脇上部に穴を開け、肺に空気を送る管を入れたそうな。
局所麻酔も効いてないようなタイミングでの挿入で激痛だったと。

 かわいそうに・・・

そんなこと露知らず、私は明日休みだから、今日はお見舞いに行けないかも・・
と伝えていたので、がんばって残業をしていたのでした。

手遅れになっていたら、片肺になっていたかも・・

 神さまに守られたんだね!

今日は私にとって久々のお休みだったので、
朝一番にかけつけました。

顔色もよく、(唇は白っぽかったかな)一緒に歩いてくれた。

ドレーンと言う管さえ抜けたら楽になる、それも明日までの辛抱。
明日は胸部レントゲンを撮って異常なければ管を抜きます。

 そして今日は術後1週間たったのですが、5分がゆとおかずも少々がんばって食べていました。

 少し食べてもすぐ満腹になって多くはたべられないみたい。
少量を30分以上かけてゆっくり食べていました。

 「体がしんどいときはメールしなくていいよ」と言っていますが、
また、なにも連絡がなければ「もしかして、今度は何がおこっているのかしら」
と不安になります。

胃も食道もリンパ節もさわって、肺も切られていて(これは初耳でした)、
術後の合併症が起こる危険性はとっても高かったのに、
思わず油断したらこうなってしまうのか、なるべくしてなったから仕方ないのか。

主治医の先生は「怖い思いをさせましたね。」
本人「もう、息が出来ずに死ぬかと思いました」

私には
「水にもぐって息苦しくていっぱい空気を吸おうとする感じ。
でも苦しい中で楽園(?)が見えた」

 楽園って
 まだ楽園でのんびりするのは早いですよ!
 楽園に行かず、この世に帰ってきてくれてよかったです。

はああ・・・
あす、あさってもだいじょうぶかしら、6時には仕事を終えてダッシュで
お見舞いにいってきます。

    ワタクシ的には、
    病院から帰って3時ごろに遅い昼食。
    おいしい韓国料理ビビン麺とチヂミを食べてすごーく幸せ。

  はやく寝て、明日もお仕事がんばります!

              めぐりんこ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次の記事

黄金週間