神戸市への行政視察の現状と課題

神戸市に他都市から行政視察に来られている方々が

昨年(H23)度は6割増の、161件1,243人いらっしゃいました。

H22度は、101件799人の視察人数です。

受入れる立場の方々には負担もあると思いますが、他都市へ神戸市の取り組みを

見ていただき施策に活かしていただけるいい機会になると思います。

増加の理由は、3.11の東北大震災後に、街づくり、防災対策の指針に役立てたいという

『防災計画・防災対策』29件、『震災からの復興(震災復興計画・市街地整備・再開発)』が

24件、その他には『こうべバイオガス』『医療産業都市』『防災教育・震災後の教育』

『阪神大震災時の被災状況』『防災福祉コミュニティ』『災害に強い上下水道』

『神戸港の概要と振興』『王子動物園』・・・などとなっています。

東北地方や関東地方からの視察が多く、神戸の街を見ていただくことで

希望を持って街づくり再生に取り組まれたり、今後の地震に対して危機管理意識を持って

備えていただければ有意義な視察になるのではないでしょうか?

 私も先日東京での視察先を探すときにホームページを検索しましたが、

「行政視察にお越しください」と明記してある行政区もあり、

自分の街のことで良いものは広めていき、地域や日本全体がよくなっていけばいいなと

常々思っています。

今後の課題としては、阪神淡路大震災から17年が経ち、今後の災害発生に向けた

一歩踏み込んだ要援護者支援、福祉避難所、津波に備える対策を構築していくことや、

「観光施策なら神戸を見ておこう!」という程の高レベルの観光&おもてなし事業を

ハードとソフト面の両方から整備していくことをめざします。

どうぞみなさま、神戸にお越しくださいね。

-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-
伊藤めぐみ Official☆Homepage
はこちらです → www.itomegu.com/
-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-
ブログランキングに参加しています。
1日1回クリックで応援してください。
こちらを ↓ ポチッとクリックしてください。

にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA