絵から伝わるメッセージ ~クマガイ モリカズ展~

伊丹市立美術館の展示内容に惹かれて、よく訪れます。

今はちょうど“熊谷守一展”・・・小さな画面に無限の世界・・・という、

色味の美しい、独特の輪郭線が特徴の画家の展覧会が開かれています。

美大で主席だった頃の作品は、複雑な環境で育ったためか生真面目で暗い印象でした。

家庭を持ったのちも、息子や娘が先立つ不幸のために、筆をとることが出来なかった・・・

そんな画家の苦しみがキャンバスからにじみ出ていました。

でも、それだけで終わらず、無欲に、自然の景色や、猫、昆虫、花などを凝視し、観察し、

単純化された筆致で、色を塗りこめて、モリカズ様式を確立させました。

苦しい環境だったからこそ、周囲をよく観察することが身についたというのは、奥深いことだと思います。

生きているからこそ、うれしいこともあり、悲しいこともあり、何かを表現したり、メッセージを伝えたり出来るのだな・・・と

平凡でつまらないと思えるような日々や、

苦しくてどうしようもなく身動きがとれない毎日の中からでも、

何かを見つけて拾うことは出来るのですね。

 

-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-
伊藤めぐみ Official☆Homepage はこちらです
 → www.itomegu.com/
-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-
ブログランキングに参加しています。
1日1回クリックで応援してください。
こちらを ↓ ポチッとクリックしてください。
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。