大震災から16年

今日は1995年1月17日から16年目を迎えました。

大震災で多くの方が、命を落とされ、肉親と離ればなれになり逃げまどいました。

みなさまは、あの日どのように過ごされましたか?

当時、私は新開地の兵庫中学校で働いていました。

余震の中、現場にかけつけなければ・・・と、役所に行く兄とおにぎりを背負って家を出発、

菊水山に登りました。

山の上では、朝日を浴びて輝いている北区と対照に、

南の市街地では、東灘あたりから煙が上がっていました。

有馬街道を南へと下り、

「わしらも大開の親戚の家にいくから乗りなさい」と、車に乗せていただき

新開地でおろしてもらった私たち。

銀行の窓が割れ、建物が崩れ、神鉄ビルの割れたガラスを踏みながら

学校にたどりつくと、人・人・人。

あの時、たくさんの方がまだがれきの下に埋もれているとも知らず、

たくさんの方が使って水も流れないトイレの処理にとプールの水を運んでいました。

   一緒にバレー部でいた卒業生が笑顔を残して亡くなりました。

   休み時間に「先生、先生」と声をかけにきてくれた、   中2の男の子も亡くなりました。

多くの大切な命は戻ってこないけれど、残されて生かされている私たちにできることは

  震災の体験を語り継ぐこと。

  真に防災に強い、街づくり。

 私は、小学校や地域の施設を利用した地域コミュニティづくりを通して、実現させたいと思っています。

人と人がつながりあう街づくりのために、これから私もせいいっぱい働いていきたいと願っています。

 

-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

 伊藤めぐみ Official☆Homepage

  はこちらです → https://www.itomegu.com/

-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

ブログランキングに参加しています。1日1回クリックで応援してください。

こちらを ↓ ポチッとクリックしてください。

にほんブログ村 政治ブログ 政治家志望へにほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

前の記事

がんばれ受験生

次の記事

厄除け祭にて