神戸ルミナリエ2010


昨夜は、神戸ルミナリエに出かけてきました。
神戸の冬を彩る鎮魂の光を
今年は家族そろってみることができました。

光の下を歩きながら、
やはり、震災で亡くなられた多くの方が
空からこの街を見守っていらっしゃるのだろうと
感じました。

震災の苦しみを味わった私たち神戸市民は、
これからもずっと、この経験を決して忘れずに
災害に強い町づくりと同時に、人と人が助け合う
コミュニケーションの豊かな町をつくっていきたい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


前の記事

力をあわせて

次の記事

2学期のおわりに