布を織る

4本の木に溝が細かく作られていて、木枠の形にしたところに
縦糸を置く。
そこへ、横糸を上、下、上、下・・・とくねくね通していくと
一本の布が織られていく。

学生時代に洋裁をしていたころは、

「糸が逢うと書いて“縫う”」と思いながらミシンをしたりしていた。

1本の糸が織り成す模様は、とても不思議であたたかい。

つるの恩返しの気分で、右手、左手とちくちくしていると
息子が「やりたい!」と言ってとられてしまった。

もうすぐ完成の10×20センチほどの織物。

たのしくて、はまってしまう。

周りでは、この温かさで、木蓮の花が咲き出した。

あしたも明るく元気にがんばろ~

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

前の記事

畑の種まき

次の記事

かかとケア