神戸市新市長のもと予算市会が開会

本日2/19から6/26の128日間の会期で神戸市の予算を審議する第1回定例市会が開会しました。

神戸市では昨年10月に市長選挙がおこなわれ、今まで不断の行財政改革を進めてきた

矢田前市長が退任され、久元市長が誕生して初めて迎えた予算提案となりました。

今回の予算はシーリング枠を撤廃し、各部局が真に必要となる額を要求し、

施策の優先順位を検討したものです。

私が議員になって3回目の予算審議になりますが、

この3年間議会で日々訴えてきたことが実現することが実感できる予算提案でした。

今まで矢田前市長が取り組まれてきたこともしっかりと反映され、新たに神戸の成長のための予算が

提案されました。

来週からは会派ごとの当初予算質疑から、各所管局の局別審査が始まります。

私は、都市計画総局、産業振興局、消防局に対しての質問をさせていただきます。

ただ今のこうべ花時計はスキージャンプ!!

ソチ五輪の選手のみなさんにもエールを送りながら、わが神戸市の未来に向けて大きくジャンプする

神戸市会となるようにがんばってまいりたいと思います。

 

 

-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-
伊藤めぐみ Official☆Homepage
はこちらです → www.itomegu.com/
-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-
ブログランキングに参加しています。
1日1回クリックで応援してください。
こちらを ↓ ポチッとクリックしてください。

にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次の記事

成長のスピード