教職員不祥事は防げないのか

神戸の小学校教員の不祥事がまた、起きてしまいました。

試験に合格し、教育実践と研修を日々積んでいる教師が起こした事件としては

情けないものです。

事件の概要は下記の通りです。(MSNニュースから引用)

—————————

「盗撮目的で勤務先の女子トイレに侵入、容疑の小学校教諭逮捕 神戸」

2013.2.22

 勤務先の小学校の女子トイレに盗撮目的で侵入したとして兵庫県警東灘署は22日、建造物侵入の疑いで、神戸市東灘区の市立福池小学校教諭、藤本正文容疑者(30)=同市兵庫区=を逮捕した。容疑を認めているという。

 藤本容疑者は6年生の担任。平成18年に採用され、21年から同校に配属されていた。トイレには動画を撮影できるキーホルダー型の小型カメラが仕掛けられており、同署は盗撮を繰り返していた疑いもあるとみて自宅や勤務先のパソコンなどを押収し、解析を進める。

 逮捕容疑は21日午後0時45分ごろ、同校3階にある女子トイレに盗撮目的で侵入したとしている。

 市教委などによると、同日午後1時半ごろ、清掃中の女子児童がトイレ内にカメラが落ちているのを見つけ、学校が調査。翌朝、藤本容疑者が「盗撮目的で置いた」と名乗り出たという。

—————————

6年生の担任として、卒業式を控え、教え子たちが小学校を巣立つにふさわしい準備を

すすめていたことでしょう。突然の担任逮捕に子どもたちは動揺していないでしょうか。

このような不祥事を個人の問題としてとらえるか、管理監督責任を問うべきのか、

教師という仕事への自覚が足りないと責めるべきなのか・・・

不祥事が度重なるたびに、先生方はだいじょうぶなのか?学校に子どもを預けていて

だいじょうぶなのか?果てしなく疑問が湧いてきます。

「研修を強化します」の言葉では片付けられない、問題の深さを感じます。

“ならぬことはならぬ!!”

3学期もあと1ヶ月ですが、子どもたちと共に、先生方も1年の締めくくりの日々を

しっかりと味わいながら過ごしていただきたいと思います。

-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-
伊藤めぐみ Official☆Homepage
はこちらです → www.itomegu.com/
-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-
ブログランキングに参加しています。
1日1回クリックで応援してください。
こちらを ↓ ポチッとクリックしてください。

にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村

教職員不祥事は防げないのか”へ3件のコメント

  1. にゃんこ より:

    こんばんは
    悲しい事件ですよね
    卒業前の子供さん・・・
    本当に悲しい気持ちだと思います

  2. 福池父兄 より:

    福池小はお母さん連中が梅田で風俗で働く人が多く乱れてる。

  3. 金子範義 より:

    6年後の学校組織全体での不祥事が発生した先生による先生への集団いじめは、神戸市の教育体制、教育委員会の学校管理体制に根本的欠陥がある様に思います。神戸市教育委員会の教師の昇進制度には致命的欠陥が隠れているのではと思われます。人物、人の本質に関する心理学的性格判断の客観的評価基準が不足しているのではないかと思います。外部者の評価、父兄のアンケート評価等全体を見ての評価システムが必要ではないか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。