神戸市は委員会質疑でパソコンが使えます

最近私自身の個人持ちPCにMacBookAirを使っています。

議会用語は特殊な言葉も多く、神戸市関係の用語の変換がスピードアップすればよいなと

思っていますが、これがなかなか!

ウィンドウズパソコンで慣れているため使いたい機能がどこにあるのか悩みながら試行錯誤しています。

というのも、神戸市会の予算委員会や決算委員会は会派毎の持ち時間が決まっており、

予算(決算)委員長以外は、全議員が質疑をすることになっているので、

パワーポイントやグラフや写真で説明することも可能であると、昨年度の議会改革で

導入されました。

写真は昨年秋の決算委員会での保健福祉局に質疑した時の写真です。

 

ただ、スクリーンを使って効果的かどうか、質疑にあった内容が効果的に提示できるかどうか

またパソコンやプロジェクターの設置時間も質問時間内に含まれているので

使う際にはトラブルのないように、入念に確認しておかなければなりません。

(へんてこなスクリーンセーバーが起動しないように・・・とか)

新しい相棒のAirではまだ自信がないので、今回の質疑ではどうしようか・・・?と

思案中です。

-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-
伊藤めぐみ Official☆Homepage
はこちらです → www.itomegu.com/
-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-
ブログランキングに参加しています。
1日1回クリックで応援してください。
こちらを ↓ ポチッとクリックしてください。

にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。