公契約条例は現代の必然

今日の連合兵庫のシンポジウムでは、実りが多くありました。

野田市、川崎市をはじめ公契約条例を制定した市区に続いて、この兵庫でも公契約条例の制定に向けて

今日をキックオフにしよう!と確認されました。

今日の井下田猛氏の基調講演はすごかった。ぶれのない、重みのある言葉の中に

「60万人を超える非正規労働者が今後も増えていくことから、今まさに労働の質と量が問われている」

行財政改革の名の元、公務職場の荒廃と劣化がすさまじいスピードですすんでいる。

公務労働ですすんでいるということは、民間でも同じである」

国の最低賃金法では、兵庫県は時給739円。年間2000時間働いても、150万円に満たない中で、

公契約において、労働が適正に評価され、搾取されず、公共サービスのために税金が正しく使われていくように

やはりこの、機運を高めていかなければいけない。

 

-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-
伊藤めぐみ Official☆Homepage はこちらです
 → www.itomegu.com/
-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-
ブログランキングに参加しています。
1日1回クリックで応援してください。
こちらを ↓ ポチッとクリックしてください。
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村

公契約条例は現代の必然”へ1件のコメント

  1. 匿名希望 より:

    最近、鈴蘭台駅前に不良がたまっており、未成年の女の子にちょっかいをかけていたり、喧嘩したりしていて治安が悪くなっています。ブログの内容とは違い申し訳ありませんが御対応して頂ければ幸いです

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。