絶対感覚を養うこと

今日は、自分の持っている感覚を研ぎ澄ますことについて。

いつも知識や経験に頼りがちで、頭でっかちに物事を考えたり、行動することが多いですが、

最近、自分の持っている絶対的な感覚を見直すことを心掛けています。

たとえば、ゴルフのパターでの距離感と力加減について。

あれこれ考えすぎずに、距離感を一瞬で自分の中に取り込んで打つ。

絵画の鑑賞をするとき、解説を読まずに、自分の美的感覚を研ぎ澄まして見る。

人と会う時、肩書や経歴からではなく、一人の人として出会う。

何か課題を突きつけられた時、直感的に是か非かとらえる。

・・・いろいろな日常場面で、自分の五感(見る・聞く・かぐ・味わう・ふれる)プラス第六感を総動員するということは、

メタ認知することにもつながっているのでしょうか。

特に、母親が赤ちゃんを育てるときに、この感覚=人間としての本能に立ち返る感覚使うことは

大事だなと思います。

いろいろな局面で、または日常で、自分の感覚を信じるためにはどうすればいいのか?

私は私でよいという自己肯定感がはっきりと“私”の中に育ていることと、

周囲のことに揺るがないための“努力”も必要。

いくつになっても感性を磨いていけたらすばらしいなと思います。

-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-
伊藤めぐみ Official☆Homepage はこちらです
 → www.itomegu.com/
-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-
ブログランキングに参加しています。
1日1回クリックで応援してください。
こちらを ↓ ポチッとクリックしてください。
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA