子どもとお裁縫

子どもが5年生になり家庭科でお裁縫をすることになった。

「今日習ったよ。玉結びと玉止め」
「そっか~(きたきた)、糸は結んどかないと抜けちゃうもんね~」

と言う。
いつか、5年生のわが子と家庭科の話をするのが夢だったので、わくわく。

「おかあさん、今からやろうよ」

といって、さっそく裁縫箱をもってくる。

刺繍の練習シートをちくちく・・・

「できたよ~」

と言って持ってきたときには、私はぐっすり夢の中。

「ああ、じょうずにできたね~」

と言ったことだけ覚えている。

 今朝になってみてみると、
 布がひきつって、力がこめられた縫い方の布が食卓にあった。

 いろんなことを学びながら
 賢く器用になっていくんだな~

 とってもいいお天気の朝。

 今から山登りのさんぽの会へ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


次の記事

心地よいつかれ