イマドキ、内助の功!?

今日は、少し心にひっかかりを覚えた言葉「内助の功」について。

Wikipediaには次のように書いてあります。

ーーーーーーー

内助の功(ないじょのこう)とは日本の慣用句である。

「家庭において、夫の外部での働きを支える妻の功績」という意味がある。

しかし、女性の社会進出が進み、性差別の助長が懸念されるため、

現在ではあまり用いられなくなっている。

ーーーーーーー

私は、社会で活躍され、立派な功績のある男性を表彰する際に、

そばに奥様が添えられて「内助の功のおかげで、立派に職責を果たされた」という言葉に

違和感を覚えます。

日本は古来、男は外で働き、女は家庭を守るの長い歴史がありました。

しかし現在では女性が認められるのは「内助の功」を発揮したことだけによりません。

男性は女性に支えられ、女性も男性に支えられ、互いに不足を補い、高めていく

人間関係を築いていきたいと思います。

 

-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-
伊藤めぐみ Official☆Homepage はこちらです
 → www.itomegu.com/
-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-
ブログランキングに参加しています。
1日1回クリックで応援してください。
こちらを ↓ ポチッとクリックしてください。
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。