議会改革のひとつとして~市長専決処分を諮る

明日は、急きょ文教経済委員会が開催されることになりました。

市長の専決処分に関する所管局の報告と審議を行うためです。

議会閉会中に「急ぐから・・・」という理由で、市長が専決処分を行うというのは

今までもあり、めずらしいことではありませんでしたが、

今、議論されている神戸市の議会改革の中で、今後の通年議会(または二期制)に向けての

委員会開催となりました。

これにより、大切な事項は議会の審議を経るということで二元代表制のバランスを保ちます。

神戸市会も今までの慣例事項から、変化の速い流れの先頭にたっていくことをめざしています。

-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-
伊藤めぐみ Official☆Homepage はこちらです
 → www.itomegu.com/
-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-
ブログランキングに参加しています。
1日1回クリックで応援してください。
こちらを ↓ ポチッとクリックしてください。
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA