おひさまの切なさ

NHKの朝ドラ「おひさま」で、今朝は号泣でした。

見ていらっしゃらない方のために、

戦前の小学校教師の陽子先生(井上真央)が、出征する男性と結婚。

結婚式の翌日には戦地へと行ってしまう。

残される母親も父親も、みんな「死なずに帰ってきて」とは言えない時代。

これが最期の別れか・・・と見送る家族の姿が切ない。

この後どう展開するのか、まったく知らないため幸せな結末を願いながらも

ああ、せつない・・・

 それにしても戦前・戦中・戦後の日本のことを思うと

二度と戦争は起こしてはいけないし、子どもを、教え子を戦地に送ってはいけない。

一部地域で独裁的な政治が行われているのであれば、

民主主義の大切さと、平和憲法を守ることを胸に刻んで、私は政治活動を行いたい。

おひさま・・・明るくこの世を照らすもの。

かずさんが、無事に帰ってきますように。

 

-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-
伊藤めぐみ Official☆Homepage
はこちらです → www.itomegu.com/
-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-
ブログランキングに参加しています。
1日1回クリックで応援してください。
こちらを ↓ ポチッとクリックしてください。

にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA